NEWS

2021/02/19blog アコヤ真珠について
久しぶりのブログです。

おかげさまで2020年に続き、
元気に充実した日々を過ごせております。

当店ではアコヤ真珠のシンプルなピアスやネックレスが
価格・品質共にご満足頂ける人気商品となり、
昨年より度々仕入れさせて頂いています。



こちらは伊勢志摩産のアコヤ真珠。
「花珠」と呼ばれるテリもよく、巻きもしっかりとある上級品。

真珠は日本が養殖技術を確立させた、
日本が誇る美しい宝石であり、海からの贈り物です。
身につけると気持ちまで上品に優しくなれる、
本当に素敵な宝石ですよね。



日本では2016年に「真珠の振興に関する法律」が成立し、
さらなる真珠産業の発展が期待されています。

しかし、2019年・2020年と日本各地で、
あこや貝の稚貝の大量死が報告され、
例年ならば既に始まっているはずの真珠の入札会も、
パンデミックの影響を受け、未だ延期されています。

当店で取り扱っている一部の真珠も、
卸業者さんに在庫がなく、夏まで入荷待ちとなっています。

決して途絶えてほしくない、日本の美しい文化。
守っていきたい大切な宝物が今、危機に瀕しています。

このような状況下、私たちに何ができるだろう・・・
今年に入り、ずっとそのことを考えながら、製作していました。

私たちは真珠を仕入れてジュエリーを作り、
販売するしかできません。
それならば、その貴重な真珠を大切に扱い、
よりよい商品としてお作りしたい。
そんな思いが自然と強くなりました。


そして形になったのが新作のさくらリング。
従来のキャスト(鋳造)からの量産ではなく、
こちらのリングは1点1点お作りすることにしました。



日本を代表する花「桜」と、真珠。
桜というトラディショナルなモチーフを用いて
作品を作る日が来るとは、自分でも思っていませんでした。

しかし今回は、他の花という選択肢はなく、
桜でないといけないのです。
真珠とこの国の未来が明るいことを祈り、
心を込めてお仕立てします。

ただがむしゃらに走ってきた昨年までと違い、
今年はものづくりについて、少し考えを深める年となりそうです。